ようこそNagomi's memoへ

webページの作成にあたって、困ることがいろいろありますが、 その中の1つとしてブラウザやレンダリングモードによる表示の違いがあげられると思います。
このサイトは、ブラウザのバグ(CSSの解釈の違い等)や、 DOCTYPEスイッチによって生じるwebページの表示の違いをメモしていきます。

特に説明がないかぎり、以下のDOCTYPE宣言でレンダリングモードを切り替えます。

標準準拠モード(Standards)
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
(Internet Explorer 6はXML宣言を記述すると過去互換モードになってしまいますので、XML宣言は記述しません。)
ほぼ標準準拠モード(Almost Standards)
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
(Internet Explorer 6はXML宣言を記述すると過去互換モードになってしまいますので、XML宣言は記述しません。)
過去互換モード(Quirks)
DOCTYPE宣言を記述しません。

表示比較では、XHTMLやCSSの仕様に準拠している(と思われる)方から先に(左に)記載していくつもりですが、 作者の主観も含まれますので、必ずしも先に記載されている方が正しいとは限りません。

どの表示モードでも表示の違いが生じない場合は、ブラウザ名のみを記載します。
標準準拠モード(Standards)と、ほぼ標準準拠モード(Almost Standards)の表示に違いがない場合には、 両方を標準準拠モード(Standards)として記載します。

inserted by FC2 system